ニキビ跡を消す化粧水│クレーター肌を予防しよう

適切なケアをしないでいると、毛穴が陥没し、まるでクレーターのような肌になってしまいます。そもそも肌が凹凸になってしまう原因は、ニキビに刺激を与え、肌の防御反応を引き起こした結果によるものです。
ニキビ跡ジェル、ケロコートとは?

例えばニキビを潰すと、酸化物質が排出されず炎症が広がり、白血球の働きにより皮膚の細胞が破壊されてしまいます。しかもアレルギー体質の方は、免疫が過剰反応しやすいので、ニキビの悪化を招きやすいようです。また皮膚が硬い人は、ニキビ跡がクレーターになりやすいとわかっています。

この状態を化粧品などで治療することできません。皮膚科によるレーザーやピーリングなど医療機関での治療を必要としますが、効果が得られない方もいらっしゃるようです。ということは、ニキビが最初からできない努力をすべきではないでしょうか。

不規則な生活・睡眠・食事によって男性ホルモンが増加すると、皮脂が過剰に分泌されてしまいニキビの原因になります。またストレスも、男性ホルモンの過剰分泌を促してしまいます。

しかし脂分の多い食事を摂ると皮脂が分泌され、ニキビができやすいと理解できますが、なぜ睡眠が関わってくるのでしょう。それは睡眠時に行われる肌のターンオーバーが乱れ、肌の修復力が弱まるからです。

ニキビを作らないためには、余分な皮脂を洗い流す洗顔も大事ですが、なにより肌に良い影響を与える生活習慣が大事なのです。そして体の内側からニキビのできにくい状態を作りだし、さらに外側のケアで肌を守るよう洗顔方法や保湿を見直せばそれほどまでに肌にダメージが残ることはなくなるでしょう。

内側からのケアは規則正しい生活・睡眠を見直しましょう。ストレスはそれぞれのやり方で流す方法を見つけ出し、対処できるようにしましょう。外側からのケアは、なんといっても洗顔と保湿です。毛穴が詰まらないよう念入りに力を込めて顔を洗うのではなく、優しく泡で顔を包むように洗います。

洗顔後の保湿は素早く丁寧に、毛穴を引き締める成分が入っていれば尚良いですね。冷蔵庫で保存できるものは冷やしておいてもいいのではないでしょうか。クレーターができてしまう前に、肌のケアをしっかりと行っていきましょう。
岩手県立江刺病院 オフィシャルサイト

ニキビと切っても切れない関係のホルモン

疲れた時、肌が乾燥した時、ストレスを感じた時、食生活が乱れている時などに、ひょっこり顔を出すニキビ。ただでさえストレスを感じているのに、そのニキビを見てますますストレスを感じてしまったなんて経験をしたことがある人は、決して少なくないでしょう。

ニキビの原因と言えば上記に挙げたようなさまざまなものがありますが、中でもニキビと切っても切れない関係ともいえるのが「ホルモン」です。ホルモンとは、私たちの体内で分泌されている“生きていくのに欠かせない”ものであり、その働きに合わせていくつもの種類のホルモンが分泌されています。

食べ物、飲み物などから得られた栄養が体をつくる“材料”であるなら、その材料が適材適所で使われるようにバックアップする“潤滑油”のような存在といえるでしょうか。

ホルモンは欠かせないものではあるものの、とても繊細なものであり、多すぎるとかえって体に害をもたらします。つまり多すぎても少なすぎてもいけない、“適切な量が維持されるべき”存在なのです。

ニキビの原因はさまざまであると述べましたが、それらの原因はホルモンの分泌に影響します。さまざまな原因からホルモンの分泌量が適切でなくなると、ニキビができてしまうのです。

特に女性の場合月経があるため、1か月という短期間の間に主に2種類のホルモンが増えたり、減ったりします。先述したようにホルモンは非常に繊細なものであり、そのちょっとした増加、減少がニキビの原因となるのです。

排卵が終わってから月経がはじまるまでの時期、いわゆる“生理前”の期間は黄体ホルモンという皮脂腺の働きを活発にするホルモンの分泌量が増えるためニキビができやすくなります。

この期間に新しい化粧品を使い始めたり、日焼けをしたりなど刺激を加えるとよりニキビができやすくなるので、この期間は肌へのストレスを避けるような生活をしたいものです。

月経終了後から排卵期にかけてはエストロゲンと呼ばれる別のホルモンの働きが活発になり、肌の状態も安定しやすいため、新しいことを試すならこの時期がよいでしょう。

30代のニキビの原因と対策は

30代のニキビは20代から少しずつ原因に変化も出てきます。30代の方に多い原因としては、体の機能の衰えによる影響が 徐々に出始めてくるという事です。20代は体力もあり体の機能も若々しく正常な状態を保ちやすくなっていますが、30代に 入ると徐々に体の機能も衰えてきます。

人の体は細胞でできていますが、細胞の働きも徐々にですが元気さが失われていき ます。特に毎日の生活の仕方によっては大きく衰えが進んでしまう事もあり、ニキビにも繋がりやすくなります。

体の機能が衰えると代謝が鈍くなります。代謝は人の体の機能で、体内に取り込まれた栄養分をスムーズに体の各部位に行き 届かせて、不要な老廃物は排出するという機能です。

こうした機能が衰えてくる事で肌に必要な美容成分が十分に送られなく なったり、老廃物が体内に残りやすくなります。体内に残った老廃物は皮脂として分泌されやすくなります。皮脂として分泌 された老廃物は肌の上に残り、炎症を引き起こしてニキビの原因となります。

20代と同じような生活を続けてしまっているとこの影響は出やすくなってしまいます。20代は多少無理をしても若さがカバー してくれますが、30代ではカバーしきれなくなってくるのです。脂分の多い食事は控えめにして、なるべく野菜を摂るように 心掛けましょう。

また、飲み会などによく行っているという方はアルコール分も体の機能を低下させる原因になります。全く 飲まないようにという訳ではないですが、少し量を考えて飲むようにすると良いでしょう。

こうした事を考えて、30代はより健康的な生活習慣を意識していく必要があります。20代までは肌を清潔にしておくという 事が主に大切になりますが、30代からはより体内環境を整えるという事を意識していくと良いでしょう。

体内環境をきれいに 整えるという意識で毎日を過ごしていくと、徐々に体の機能も正常な状態を保つようになり、ニキビができにくくなるだけで なく、病気にもなりにくくなります。ぜひ心がけていきましょう。

メニュー

ページの先頭へ